本文へジャンプ

技術解説

トップページ の中の 技術解説の中の 高圧ブロワの中の ミネベアミツミの高圧ブロワの特長

高圧ブロワ -ミネベアミツミの高圧ブロワの特長

図1:ミネベアミツミ高圧ブロワラインアップ
図1:ミネベアミツミ高圧ブロワラインアップ

ミネベアミツミの高圧ブロワには以下の特長があります。

1. 小型/軽量設計 : 床置きに縛られない自由な設置が可能です

ACブロワーでは寸法が縦横高さ共に400mm前後と大きく、また質量が30~50kg前後と重いため、床置きでのご使用が前提でした。これに対しミネベアミツミの高圧ブロワでは、寸法は約1/2、体積比で約1/4への小型化、ブロワー部質量は約1/3への軽量化を実現し、お客様の自由な設置・設計を可能にします。

図2:ACブロワーとの比較(値は当社調べ)
図2:ACブロワーとの比較(値は当社調べ)

2. ブロワー部とドライバー部が独立 : 自由な設計、高メンテナンス性を提供します

ミネベアミツミの高圧ブロワでは、必ずしもドライバーがブロワー付近にある必要はありません。またドライバー/ブロワーのどちらかに問題が生じた場合は単独供給をすることも可能です。業務停止を最低限にとどめることができるなど、ドライバー一体型にはない高メンテナンス性を提供します。

3. どの電圧下でも高回転・高静圧

AC180~AC264(V)の幅広い入力電圧に対応しつつ、どの電圧下においても安定したハイパワーを提供します。
特に60DCF-478では、AC90~AC264(V)のワイドレンジ入力に対応しています。
電圧が異なる世界各国、地域において同一性能を発揮させることは、設計・開発・使用地域における規制や環境ギャップに伴う影響考慮の負担を減らします。

4. 省エネ

ドライバーに組み込んだ力率改善回路(昇圧回路)により、無効電力がほとんどありません。同等の風量、静圧特性を有するACブロワーと比較した場合、最大60%、最低でも30%の消費電力削減(電力料金削減)を実現しています(当社調べ)。省エネを実現し、設備負担を抑えた運用が可能です。

このページの上部へ

トップページ の中の 技術解説の中の 高圧ブロワの中の ミネベアミツミの高圧ブロワの特長