本文へジャンプ

技術解説

トップページ の中の 技術解説の中の ミニチュア・小径ボールベアリングの中の 軸受の選定の中の 9. 内部すきま

ミニチュア・小径ボールベアリング -9. 内部すきま

転がり玉軸受の内部すきまは、寿命、振動、音響、発熱等の諸性能に大きく影響します。
用途に応じた適切な内部すきまを選ぶことが重要になります。


内部すきま

内部すきまの種類は、「ラジアルすきま」「アキシアルすきま」「角すきま」があります。


ラジアルすきま (Gr)

内輪を固定した状態で外輪を交互に半径方向へ移動させたときの移動量 (図9-1)


アキシアルすきま (Gt)

外輪を固定した状態で内輪を交互に軸方向へ移動させたときの移動量 (図9-2)


角すきま (θ)

外輪を固定した状態で、内輪を軸方向へ傾けたときの角方向の移動量 (図9-3)


通常は、ラジアルすきまを規格値として設定しています。
規格値はNMB呼び記号と、JIS呼び記号で以下の表の設定があります。
転がり玉軸受が軸やハウジングとしめしろのある"はめあい"ではめあわされた場合には、内部すきまは減少します。

"はめあい"や温度条件で内部のすきまは変化しますので、実際に使用する条件を考慮して内部すきまの選定を行なう必要があります。


ラジアルすきま (Gr)
図 9-1

アキシアルすきま (Gt)
図 9-2

角すきま (θ)
図 9-3


NMB呼び記号のラジアルすきま
すきま記号 P13 P24 P25(標準) P58
すきま量(μm) 2.5~7.5 5.0~10.0 5.0~12.5 12.5~20.0

JIS呼び記号のラジアルすきま
すきま記号 M2 M3(標準) M4 M5
すきま量(μm) 3~8 5~10 8~13 13~20

このページの上部へ

トップページ の中の 技術解説の中の ミニチュア・小径ボールベアリングの中の 軸受の選定の中の 9. 内部すきま