本文へジャンプ

技術解説

トップページ の中の 技術解説の中の ミニチュア・小径ボールベアリングの中の 不具合症状と原因・対策

ミニチュア・小径ボールベアリング -不具合症状と原因・対策

転がり玉軸受を組付けた機器の異常や、転がり玉軸受が損傷・破損した場合、その症状や状態から原因を探ることができます。以下に代表的な異常例と対策処置を示します。

異常の症状・状態

症状・状態 軸受の損傷状態・推定原因など 損傷例 対策処置


連続音 軌道溝のブリネリング 3 軸受の取扱い、組み込み作業、機器の移動作業の見直し
(過大荷重、衝撃荷重が加わらないか)
荒れ・摩耗 1 潤滑剤、軸受サイズ、予圧、シールの見直し
軌道溝の異物によるキズ(圧こん) 2 軸受のシール化、作業環境の見直し
フレッチング 4 振動除去、包装・輸送の見直し
電食 6 絶縁処置:玉をセラミックにする
構成部品の共振 構成部品の寸法(厚さ)・材質の見直し
不連続音 玉にキズが発生した場合 作業環境、作業の見直し
(異物侵入、過大荷重が加わらないか)
異物の噛み込み 軸受のシール化、作業環境の見直し
予圧が不足している 荷重・回転条件等から予圧量の見直し




回転しない
又は回転が
重い
潤滑剤(グリース)の影響
(量、種類)
グリースの見直し
駆動部分(モータ部分等)の改善
(駆動力を上げる等)
異物侵入、接着剤侵入 使用環境・作業方法の見直し
しめしろが大きい はめあいの見直し
潤滑切れ 潤滑剤の見直し、グリースの封入量を増やす
グリースの種類・量の見直し
フレーキング 8 荷重条件・回転条件の確認
大きいサイズの軸受を選択
部品の接触 作業の見直し、設計の見直し
発熱 グリースの種類及び封入量が
適正でない
グリースの見直し
過大荷重 耐荷重性やはめあいの見直し
短寿命 不適切な環境・使用条件など 環境・使用条件の見直し
振動大・振れ大 ミスアライメント 部品の寸法公差・清浄度、作業の見直し
軌道面の変形 軸又は、ハウジングの加工精度(真円度)の見直し
接着剤及び接着作業の見直し
予圧が適正でない 予圧抜け 荷重・回転条件等から予圧量の見直し
内部すきま過大 軸受の内部すきまを小さくする
クリープ 5 はめあいの見直し
グリース漏れ グリースの種類及び封入量が
適正でない
グリースの見直し
シールド・シールの選定が適正でない シールド・シールの見直し
樹脂材料の破損
(割れ)
ケミカルアタック 7 潤滑剤の見直し、応力緩和、樹脂の再選定
しめしろ過大 はめあいの見直し
ウェルドライン 成形条件、ゲート位置の見直し

注:損傷例の番号は発生頻度の高い順

損傷例

1 荒れ 2 異物によるキズ 3 圧こん(ブリネリング)
荒れ 異物によるキズ 圧こん(ブリネリング)
○印 : ブリネリング
4 フレッチング 5 クリープ 6 電食
フレッチング
○印 : フレッチング
クリープ 電食
7 ケミカルアタック 8 フレ-キング(金属疲労による剥離)
ケミカルアタック
○印 : ケミカルアタック
フレ-キング(金属疲労による剥離)

このページの上部へ

トップページ の中の 技術解説の中の ミニチュア・小径ボールベアリングの中の 不具合症状と原因・対策