本文へジャンプ

技術解説

トップページ の中の 技術解説の中の ロッドエンドベアリング/スフェリカルベアリングの中の 性能の中の スリーブ

ロッドエンドベアリング/スフェリカルベアリング -スリーブ

スリーブ

寿命に影響を与える要因として、荷重の大きさおよび種類、揺動角、速度、環境による汚染、シャフトの表面のあらさおよび硬度等があります。テフロンタイプのスリーブは通常低速揺動下での使用を目的としており、揺動速度は10 ~ 20cpm 以下でご使用下さい。


シャフトの表面のあらさ

0.2μmRa 以下を標準とします。これより粗い場合には表13 の寿命係数を考慮します。

表13 - シャフトの表面あらさに対する寿命係数

表面のあらさ 寿命係数
0.2μmRa 以下 1
0.2μmRa ~ 0.4μmRa 0.75
0.4μmRa ~ 0.8μmRa 0.4

シャフトの硬度

50HRC 以上を標準とします。これ以下のシャフトを使用される場合には表14 の寿命係数をご考慮下さい。
図14 は揺動角± 25°、速度10cpm、一定荷重状態での摩耗試験における面圧と摩耗量が0.152mm を越えない寿命サイクルをあらわしたものです。

表14 - シャフトの硬度に対する寿命係数

硬度 寿命係数
50HRC 以上 1
50 ~ 40HRC 0.6
40 ~ 30HRC 0.4

図14 - テフロンタイプスリーブの面圧に対する寿命サイクルの変化


荷重用語の説明
静定格荷重 (STATIC LIMIT LOAD)

これ以下の荷重では永久ひずみが0.102mm を越えない荷重をいいます。


揺動荷重 (OSCILLATION LOAD)

規格によって若干異なりますが、NMB の標準品については揺動角± 25°、速度10cpm、一定荷重状態での摩耗試験で25,000 サイクル後の摩耗量が0.152mm を越えない荷重をいいます。スリーブの性能も投影面積S と許容応力σ との積によって決定されます。 (図15)

図15 - スリーブ


投影面積S

下記の式で求められます。ただし、スリーブ巾L が内径B に比べて大きい場合には、軸の曲がりの影響を考慮する必要があります。
ストレート型S = B (L - 2.54) フランジ付S = B × { (L + F) - 3.3 } ただし、投影面積S がB2 より大きいときは、投影面積S の値はB2 を使用します


許容応力σ

表15 に示す値を用います。

表15 - スリーブの許容応力

    X-1118
X-1276
X-1276F
X-1820
静定格荷重 アルミニウム 345N/mm2 { 35.2kgf/mm2 } 345N/mm2 { 35.2kgf/mm2 }
スチール 413N/mm2 { 42.2kgf/mm2 } 482N/mm2 { 49.2kgf/mm2 }
揺動荷重 172N/mm2 { 17.6kgf/mm2 } 258N/mm2 { 26.4kgf/mm2 }

このページの上部へ

トップページ の中の 技術解説の中の ロッドエンドベアリング/スフェリカルベアリングの中の 性能の中の スリーブ