本文へジャンプ

技術解説

トップページ の中の 技術解説の中の 電磁クラッチ/ブレーキの中の 押上式電磁ブレーキ

電磁クラッチ/ブレーキ -押上式電磁ブレーキ

押上式電磁ブレーキ(BG/BG-M型)は、機械の回転軸にブレーキシューを直接押し当てて回転軸を制動するブレーキで、水力発電所の発電機ローター等の大型の機械の制動に採用されています。

動作

ブレーキにDC電圧を入力すると電磁吸引力によってブレーキシューが移動し、回転体に押し付けられ制動をします。
DC電圧を遮断するとブレーキシューは回転体から離れ、制動力は無くなります。

特徴

大型機械の制動用ブレーキの代表である油圧式ブレーキに対し、油圧配管が不要なことから保守・メンテナンス性の面で優れるため、ランニングコストを抑えることができます。このため近年、油圧式ブレーキは電磁ブレーキに置き換えが進んでいます。

ミネベアミツミ製押上式電磁ブレーキは、押上力仕様として650N~9500Nの範囲をラインナップしているため、幅広く選定いただけます。

このページの上部へ

トップページ の中の 技術解説の中の 電磁クラッチ/ブレーキの中の 押上式電磁ブレーキ