本文へジャンプ

What's new!

トップページ の中の What's new!の中の 新製品の中の [展示会] 2019国際ロボット展(IREX2019)に出展いたしました!

[展示会] 2019国際ロボット展(IREX2019)に出展いたしました!

このたび、12月18日(水)~21日(土)の4日間、東京ビッグサイトにて開催される「2019国際ロボット展」に出展いたしました。ご来場ありがとうございました。

イメージ:ミネベアミツミブース

出展製品

みどころ

今回は「相合(そうごう)で新たな挑戦を」テーマにロボット産業向け製品を展示いたしました。

超精密機械加工技術と、モーター、センサーや、半導体、無線技術など最先端のエレクトロニクスのさまざまな技術を「相合(=相い合わせる)」することで、世界に二つとないシナジーを生み出す当社の、次世代向けソリューションを、動展示、静展示でご紹介いたしました。

注目は小型の6軸ロボットによる動展示。
従来のサーボモーターでは難しい、ロボット全体軽量の軽量・小型化設計、低価格化を、当社の高分解能エンコーダ付きステッピングモーターにてご提案いたしました。
またロボットハンドには当社の新製品、電動グリッパーと小型6軸力覚センサーを搭載しています。独自技術により、小型・軽量を追求した6軸力覚センサーが、一本一本のチャックにかかる力とモーメントをセンシング、フィードバックをすることでロボットへ触覚、力感覚を与えます。
小さな部品をつかみ、所定のところへ納める動作で繊細な力を確実に制御する様子は、会場に設置したモニターに力3軸、モーメント3軸のデータを映し出し、リアルタイムにご覧いただきました。

さらに、ルネサスエレクトロニクス様と共同で開発したレゾルバ付きステッピングモーターおよび「レゾルバモーター制御ソリューション」の紹介も行いました。
光学式のエンコーダでは難しかった、熱や埃、振動など厳しい環境でも高精度にモータ制御が可能で、高負荷でもとまらない「脱調レス」の優れた特長があります。
展示品では、分解能20万P/Rの高分解能による、減速機無しで実現する非常に滑らかな駆動をお見せし、従来のオープン制御とレゾルバサーボ制御の違いもご覧いただきました。

またブースには次世代アナウンスロボット「しおりん」が登場。当社の展示内容を音声と動きでご説明いたしました。
「しおりん」には、ファンモーターやエンコーダ付き中空モーターなど当社部品が多数搭載されています。当社の小型ステッピングモーターが実現した華奢な腕、そのなめらかな動きや関節の運びも、あわせてデモンストレーションにてご確認いただきました。

※「しおりん」は、THK株式会社と株式会社リードジェンが共同開発した次世代アナウンスロボットです。

展示会概要
公式サイト: 2019国際ロボット展
会期: 2019年12月18日(水)~21日(土)10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
ブースNO.: W4-25

イメージ:会場マップ

このページの上部へ

このページの上部へ

このページの上部へ

このページの上部へ

このページの上部へ

このページの上部へ

このページの上部へ

このページの上部へ

このページの上部へ

このページの上部へ

このページの上部へ

このページの上部へ

トップページ の中の What's new!の中の 新製品の中の [展示会] 2019国際ロボット展(IREX2019)に出展いたしました!