本文へジャンプ

スマートシティソリューション

トップページ の中の スマートシティソリューションの中の スマートシティソリューションとは

スマートシティソリューションとは

ミネベアミツミのスマートシティソリューションは、無線ネットワークを活用して道路灯の光量をコントロール。調光、モニタリングで省エネを実現します。

  1. 高品質な道路灯
    高品質な道路灯で10年の設計寿命を実現しています。
  2. 省エネ
    LEDランプを無線ネットワーク経由で調光することで、90%*の省エネを実現しています。
    * 典型的なHID水銀道路灯との消費電力における比較値
  3. 将来の拡張性
    ネットワークとデバイス管理のプラットフォームを街中に配備します。

1. 高品質な道路灯 - 投資価値を高めます -

品質が高いだけでなく、壊れにくく劣化しづらい道路灯の設計を目指し、ハードウエアの初期投資最適化へ貢献します。LEDランプの採用はもちろんのこと、想定される各種ダメージ要因へも細かな対策を施しています。
ミネベアミツミの道路灯では、設計寿命10年を実現。メンテナンスの負荷を軽減し、お客様の投資価値を高めたいと考えております。

イメージ:高品質な道路灯

2. 省エネ - 運用コストを削減します -

LEDランプを無線ネットワーク経由で調光することで、一般的な水銀の道路灯比で約90%の電力削減が実現されました。エネルギー効率のよいデバイスに、調光という付加価値をつけ、持続可能なエコシステムを構築します。

イメージ:高品質な道路灯

* 当社調べ(カンボジア1kWh=0.1925 USD にて計算)

イメージ:時間による調光パターン例

3. 将来の拡張性 - IoT へのネットワークプラットフォームを配備します -

ミネベアミツミのネットワーク基盤は、将来の様々なIoTセンサーのプラットフォームとして機能します。ネットワーク内は集中管理できるため、運用管理の効率化とコスト削減を同時に図ることが可能です。

イメージ:将来の拡張性

*スマートメーターとそのアプリケーションはEDMI / Osaki Electric Co.Ltd. との共同開発です
**Paradox Engineering はミネベアミツミのグループカンパニーです

スマートシティソリューションの活用
デバイス / センサー 受益者 ビジネスモデル
道路灯 市区町村 / 地主
  • 調光による電気代の削減
スマートメーター 電力会社
  • 電力消費を視覚化することとSMSの利用でピーク時の電力状況を管理する
  • 電力の不正利用発覚時、遠隔地からシャットダウンをかける
カメラ 居住者 / テナント
  • 地域の安全性向上
市区町村 / 地主
  • 沿革での交通状況 / 事故の監視対策
パーキングセンサー ドライバー / 店舗
  • 駐車スペース検査時間の削減
  • スマホ決済によるかんたん支払い
環境センサー 観光 / 調達 / 農業
  • 積極的な気象予報 / モニタリングと対策

その他の内製センサー

ネットワークの有効活用と将来の拡張へ備え、さまざまな内製のセンサーをご提供可能です。

(以下は一例です)

  • 環境センサー
  • 雨量センサー
  • カメラモジュール 等

サービスと事例

このページの上部へ

トップページ の中の スマートシティソリューションの中の スマートシティソリューションとは